若おかみは小学生!

www.waka-okami.jp

 

Twitterで、クチコミで評判になっているので

えいやっと見に行ってきました。

近くの映画館だと、朝9:00から上映一回しかないので、土日しかチャンスがなくて。

 

「子供向け映画に見えるけど、めっちゃ大人が泣く映画」という感想を

いっぱい見たので

ちょっと覚悟して見たのですが、いや~泣きました…

 

いえ、もう、映画のタイトル聞いた時点でね、

普通に平和な環境で、いきなり小学生が若おかみになることないですからね、

主人公おっこちゃんの身に、おそらくは悲劇が起こることは想像の範囲内な

わけですよ。

ヒィ…って思いながら冒頭部分を見て…ああ…やっぱり…となり

でもこの映画は、「そこが主題じゃないですから」って感じで

愁嘆場は描かれず、

「さて新しい生活が始まりました」から、本編部分がスタートします。

 

素人目で見ても作画レベルがめっちゃ高くて

脚本も、音楽も、おそらく全ての部品がとても高品質で

ぴしっと組み立てられているので

こう、けっこうエキセントリックな展開もあるわけですが

違和感はほとんど感じず、するするっと引き込まれました。

 

でもやっぱり大人の目線でみると、

おっこちゃんがあまりにも頑張りすぎなので

無理すんな…人間、つらさのあまり、泣いてうずくまって動けなくなるときもあって

ええんやで…と思ってしまうのですが

 

でもたぶんこれはそういうお話ではないのだな…

 

後半はずーっとぽろぽろ泣きっぱなしでした。

配信で見れるようになったらもう一度見たいな…

 

 

レオ・レオーニ展

ぱーりんに誘ってもらって、

伊丹市立美術館で開催されている

「みんなのレオ・レオーニ展」に行ってきました。

 

スイミーの原画目当てで行ったのですが、

いま「原画」として保存されているのは、

絵本に使われているのとは別の絵なんですね…。

(版画なので、刷った時の絵の具の塗り方がちがう)

知らなかったのでびっくりしました。

 

見応えがあって良かったのですが、

けっこうな混雑ぶりでそちらもびっくりしました。

おみやげ買おうかなと思ったのですが、あまりのレジの混みっぷりに

あっさりあきらめました…

台風21号

前日から「9/4は午前10時から運休します」とJRが発表してくれたおかげで

今日あるはずだった打ち合わせを延期してもらえたので

今朝はもう有給をとることにさせてもらって、出社せずに済みました。

 

通勤に使ってる阪急電車は、ぎりぎりまで運行してくれるものの

「もう無理!」ってなるとすぐさま運休になってしまうので

事前に備えるのがとてもむずかしいのです…。

 

午前中はまだ日も射していたりして、暢気な感じだったのですが

午後1時頃から、東からの風と雨が叩きつけるようになってきて

高圧洗浄機で壁を洗われてるんじゃないか状態。

 

結果、やっぱりこうなる。

f:id:kuruppo:20180904231315j:plain

 

この辺で、おそらくは強風のあまり、家の付近が全部停電に。

スマホのおかげで、最低限の情報は手に入るので

たいへんありがたいです。

 

阪急も、 14:20には全線運休。

 

f:id:kuruppo:20180904233240j:plain

阪急はいったん止まってしまうと、当たり前ですが

再開までに試験運転とかいっぱいあるので、

かなり復旧に時間かかるんですよね…。

 

家の停電もなかなか復旧せず。

関電サイトの停電情報システムも、あまりにも停電箇所が多いせいで

不具合が発生したらしく、13:30から内容が更新されず、

停電はちゃんと把握されているのだろうか、不安になりつつも

何も出来ることがないので昼寝してました。

f:id:kuruppo:20180904234533j:plain

停電復旧しなくて、 あせる気持ちはわかるけど、市役所に問い合わせても無理だとおもうわ…。

 

停電は、18時10分頃復旧したので、完全に日が暮れるまでにはギリギリ間に合い、

晩ご飯は普通に食べられて、大変ありがたかったです。

ありがとう関電さん!

日も暮れてきてそろそろやばいかな…と思って、非常用リュックから携帯ラジオ取り出して、手回し充電してたとこでした。

 

阪急神戸線のかろうじての復旧は午後10時過ぎでした。

新開地以降も含めた全線再開は、23:30ごろでした。

 

f:id:kuruppo:20180904231721j:plain



 

 

美容院行けた

一つでもやろうと思うことをできたのでえらい。

美容師さんとお話できてちょっと気が晴れたきがするのもよかったけど

最近、メンタル不安定すぎて、相手が話し出した瞬間に自分が黙るのを

あまり上手にできていないきがする。

 

メンタルのお医者さんにも、ようやく予約の電話ができました。

やっぱり初診だと、予約取れるの1ヶ月先になるんだなあ

カメラを止めるな!

kametome.net

ようやく近い映画館でも上映することになったので、見てきました。

話題になり始めた頃は、京都でしかやってなかったので

流石にちょっとむりやな…と思っていたら

どんどん上映館が増えてくれたのでたいへんありがたかったです。

 

最初は「んー??」という感じで、

手持ちカメラだからちょっと酔うし

色味も薄暗いのでなんかキモチワルイし

見てるのしんどいなーという感じだったのですが

 

「この映画は、2度はじまる」のキャッチフレーズのとおり

「2度はじまってから」がめちゃくちゃおもしろかったです。

最後の方、手叩いて声出して笑っちゃってたので

「うわ、声出して笑ったんいつぶりだろう!?」って

ちょっとびっくりしたりもして…

 

ゾンビ系と聞いていたので

グロかったらどうしよかな…と少しびびっていましたが

そういうの苦手な自分でも大丈夫なレベルでした。

「誰がみても笑えて楽しめる」系の映画だとおもうのでおすすめです。

いきてます

ネットでは黙っていると死人と同義になってしまうので

いきてます…いきてますよ…と

か細い声で主張しておきます…=͟͟͞͞('、3)_ヽ)_

 

Detroit: Become Human(PS4のゲーム)やったり、ヒプマイ履修したり、

ロード・エルメロイII世の事件簿を一気読みしたり

6月くらいからちょっとずつは読んだり遊んだりしてたのですが

感想文を書くほどの気力が、まったく残っていなかった。

 

多忙とストレスと加齢のトリプルパンチによるものだと思うのですが

「おもしろいな」と感じたのに、

感想文書くのすら、こんなにしんどくなってしまうとは思いもしませんでした。

ほんとつらいな。

 

【ヒプマイ】

情弱なのでアマプラで聞けるとは大分後になるまで知らず、全部itumesで買ってました。

お手頃価格なので別にいいですけど…うん…。

どこ推しというのはあんまりないのですが、声質的にはヨコハマです。(所詮声オタ)

理鶯の声が「ひくいwww」と思わず笑ってしまうほどの低音でしたが

ナレ仕事してはるの聞いたら、割と普通の音域で、

オクターブ下げてキャラ演じるのは時々聞くけど、

歌もそれでやりはるのはすごいなーと感心しました。

あと速水奨のラップを聴いたとき、古い人間なので、

「あっこれ…パラッパラッパーのタマネギ先生思い出す…!」と思ってしまいました。

タマネギ先生の方がラップはうまいけども。

 

【ロード・エルメロイII世の事件簿】

大分前に、電子版を全巻買っていたのですが、積ん読状態で置いていて。

7月にコミカライズ版1巻が出たので、それを読んで、続きが気になり、

原作の方にやっと手を出しました。

ロード・エルメロイII世自身が、

初出のFate/Zeroに置いては、Fateワールドに投入された

虚淵玄によるオリジナルキャラ」だったのが、

本作では、「三田誠氏によるオリジナルキャラ」であるグレイを導く立場になっているのが

「受け継がれる構造」になってて、なんか面白いなと思いました。

ちょうど4・5巻が魔眼に関する話だったので、FGOの2部2章の予習にもなって

良かったです。

芦屋市立美術博物館

チャペック兄弟と子どもの世界

これまで行ったことがなかったのですが

友人のクロさんが、芦屋市立美術博物館でいまやっている

「チャペック兄弟と子どもの世界」を見にいきたいなとのことで

初めて行ってきました。

 

めったに芦屋川駅で降りないので、まずバスの乗り場に迷うレベルでしたが

美術館自体は空いていて見やすくてよかったです。

このデザインかわいいなと思った絵が、ちょうど絵はがきであったので

買いましたが、こういうのって使うのが惜しくて

死蔵してしまうんですよね。

まあ今ならスキャンして、スマホの壁紙にしておけばよいのですが。

 

隣の谷崎潤一郎記念館も寄ったのですが

文ストとコラボしているせいか、なんだか若い女性の来館者が多かったです。

(自分、文ストは全然読んでないので、限定クリアファイルを売ってるのだな、ということしか判らなかった)

そのため、文ストのPVみたいなのをエンドレスで流していて、

館内にCV宮野氏らしき叫び声と

グラロデのシャウトっぽいのが何度も何度も響き渡ってたのはちょっとあれでした。

もうちょっとボリューム落すか、静かなシーンにできへんかったのかな…

(クロさんもうるさくて気になったと言っていた)

 

そのあと、せっかく芦屋川に行くのなら…と、炎天下、

カロルのアップルパイを買いに行くのに、クロさんをつきあわせてしまいましたが

買いに行った甲斐はありました。おいしかったです。

 

お昼はインド料理店でカレーセットを食べたのですが量が多すぎて、

晩ご飯は抜きでしたが全然おなか空かなかった。

たまには一食抜きもいいのかもしれない…。